口臭予防 口臭チェック

気になるお口の臭い。とはいえ、まずは自分の口臭がどのくらいのものかチェックする必要がある。一番いいのは、家族などに臭いをかいでもらうことだが、自分でできるチェック方法も紹介しよう。また、朝起きたとき、食後や食前、口が乾いているときなどで口臭の状態が異なるので、1日に何度か試してみることをお薦め。


コップに息を吹きかけてみる
コップの中に息を吹き込んで手でふたをし、一呼吸きれいな空気を吸った後に臭いをかいでみる。朝一番(しゃべったり、歯を磨いたり物を食べたりする前に)にチェックすると、生理的口臭がわかる。

舌の表面の舌苔(ぜったい)の臭いをかいでみる
舌の表面を見てみると、白や黄色に色がついていることがある。これは舌苔といって、口臭のもとになる口の中の汚れなのだ。舌苔がついているときは、タオルやティッシュで拭き取って臭いをかいでみる。これが臭う場合は、他人にもわかる口臭がある可能性が高い。

口臭判定器を使う
口の悪臭の成分であるメチルメルカプタンをセンサーでとらえる、「口臭判定器」が市販されている。自分の鼻が信用できないという人は、こういった機械を使ってみてもいいだろう。ただし、周りの空気の影響を受けやすいので、使用法をよく読んで利用しよう。