口臭予防 口臭のメカニズム

口の中には何百億という細菌が存在しています。これらの細菌の内の一部が食べカスなどを分解する際に口臭の元となる臭気成分を作り出します。

これらの微生物は、酸素がある環境を好む「好気性菌」や酸素が少ない環境を好む「嫌気性菌」、ウイルス、バクテリアなどの細菌です。細菌の増殖、特に嫌気性菌の活動が活発になると、口臭が発生します。つまり、お口の中の酸素が少ない時です。

酸素が少ない?それはどんな時?そう、お口の中が渇いて唾液(だ液)がネバネバしている時です。その時、嫌気性菌の活動が活発になって増殖し口臭ガスを発生させるのです。