体臭予防 ワキガ・多汗症のメカニズム

ワキの下にはエクリン汗腺、アポクリン汗腺の2種類の汗腺と皮脂腺という分泌腺があります。

エクリン汗腺の汗は運動した後や暑い時、あるいは緊張した時などに出る汗で、そのほとんどが水分でわずかな塩分を含みます。

エクリン汗自体は殆ど無臭ですが、通常よりこの汗の量が多い場合、多汗症と呼ばれます。皮膚の比較的浅い部分に広く分布しています。

一方アポクリン汗腺は、小児期は全くありませんが、思春期頃から発達してきます

皮脂腺と同じく毛穴に管が通じています。その成分は鉄分、脂肪分、たんぱく質などを多く含み、これらの成分が皮脂腺から分泌された脂分と混ざり、皮膚の表面の雑菌により分解され、低級脂肪酸やアンモニアなどに変化して、独特の強い臭いになります。

ワキガはこのアポクリン汗腺が原因になります。アポクリン汗腺はワキの下や外陰部などに分布しています。