自力で二重まぶたになる方法 美容整形で二重まぶたに

適切な美容整形外科選び方のポイント

「美しくなりたい!」という貴方の想いをかなえてくれるのが美容外科クリニックです。たくさんの美容外科クリニックから貴方にぴったりのところを探すのは簡単なことではありません。美容整形外科クリニック選びの選択を誤ると仕上がりに大きな違いが出てくるのです。


1. 眼科専門医との連携がある

二重の手術は眼球ではなく“まぶた”の治療です。しかし、そのまぶたに問題が発生した場合は眼球にも影響を及ぼす可能性はあります。眼科専門医と連携がある美容整形外科クリニックは適切な方法で治療していると考えていいと思います。
※状態によって切開の場所、範囲というのは大きく変わります。

2. リスク・手術内容を正しく話してくれる

“腫れませんよ”“メスは使いませんよ ”そんな手術は存在しません。糸を止めるだけの埋没法でも皮膚を切開しない限り、固定する糸を埋込むことはできません。常識で考えれば誰でも理解できると思います。確かにメスを使わずに針で皮膚を裂く美容整形外科クリニックもあるのは事実です。当然、メスは使いませんので言っていることは嘘ではないのです。しかし、皮膚へのダメージを考えると美容外科医としてどうなのか、瘢痕になる可能性をあえて作り出している行為なのに… 。そういった美容整形クリニックには疑問が出てきます。

3. 眼瞼下垂など目の手術で最も難しいとされる

手術の症例数はこなしているか?
まぶたの手術でもっとも困難とされる手術で眼瞼下垂の治療があります。まぶたの状態に精通した医師が行うのですが、症例数の多い形成外科医でも非常に難しい手術と言われています。それだけの技術のある医師がおこなう手術ですので二重においては非常に重要です。
 
4. アフターケアはきちんとしてくれるのか?

いくら技術があっても状態によっては希望と違う仕上がりになってしまう場合も否定はできません。その場合、しっかりと修正をしてくれるのか?そういったことも大切なのです。

5. これって本当に正しいアフターケアなの?

埋没法などではもしもラインが取れた場合、保証があるのかといったことも参考にして下さい。ただし、無責任に5年保証や生涯保証といった内容には実は大きな問題があるのです。埋没法の場合何度もとれるのはやはりまぶたに問題があるのです。なんどもかけ直すことで挙筋やミューラー筋を痛めるので何度もかけ直すといったことは非常に危険な行為なんです。キレイになるために病気になっては何の意味もありません。

6.診察・カウンセリングがした医師が、手術からアフターまで担当する

チェーン店などではカウンセラーという医師ではない人が相談を受けて患者に説明するようですが、これでは実際に手術をする医師に患者の意志や希望がきちんと伝わるのかは、大いに不安です。手術する医師が、診察・カウンセリング・アフターケアまで担当するところを選びましょう。

7. 手術を安易に考えない

一つのクリニックだけのカウンセリングではなくセカンドオピニオンとして他のクリニックでも診察を受けることも大切です。手術はフィーリングで行うべきではありません。十分に自分がどうしたいのかということを考え医師に相談しましょう。イメージを伝えるためにイラストや写真を持参するのもひとつの方法です。

8.複数の美容整形外科を比較する

同じ要望を伝えても、治療方法や料金など、美容整形外科クリニックによって違います。複数のクリニックに相談して比較しましょう。資料請求やHPなども上手に利用して納得のいくところを選びましょう。無理な勧誘にのせられないためにも下調べは重要です。