自力で二重まぶたになる方法 美容整形で二重まぶたに

眼瞼下垂

眼瞼下垂は、視野を塞いでしまうほどまぶたが下がってしまう病気です。先天的な異常である場合と後天的な場合があります。

先天的な眼瞼下垂の大半はまぶたを持ち上げる筋肉(挙筋)の機能障害によるもので、黒目が出ないような重症のケースではなるべく早めに手術で治療を行わないと弱視になってしまう事もあります。手術とは挙筋を短縮させるものです。

後天的なケースとしては、重症筋無力症や脳の障害、皮膚弛緩などが原因となります。重症筋無力症の場合、夕方や疲れたときにまぶたが下がってくるようになります。これらのケースでは挙筋の短縮手術よりも原因となっている疾患を治すことが第一です。


眼瞼下垂の術式
【挙筋前転法】
信州大学の松尾教授が考案した最も生理的な治療方法。ミューラー筋や挙筋を一切傷つけることなく治療できる方法です。多くのアスリートなどが受けていることでも有名。しかし、この手術は非常に難しく、どの医師でも出来る訳ではありません。当社では信州大学の松尾教授のもとで十分な経験を積んだ有数のクリニックをご紹介しています。

【挙筋短縮法】
まぶたを持ち上げる筋肉を縮めた状態で固定する手術です。一般でよく行われている手術です。

【挙筋前転法】
従来から行われている形成外科ではスタンダードな方法です。この方法は表面に傷が残らないという意味では優れた方法ですが、ミューラー筋を切除してしまうので術後さまざまな問題が生じるケースが多く現在では行うクリニックは非常に少なくなってきました。また、開き具合が改善されても二重は別に作る必要があるので、この手術と同時もしくは、しばらくしてから埋没法で二重をさらにつくらなければならないという問題があります。また、左右差を生じやすく修正のために結局表面から切開するという大きな負担がかかります。

【筋膜移植法】
挙筋機能が全くない状態の場合は筋肉の移植法しか方法はありません。大腿部の筋肉をまぶたに移植する治療です。


■ダウンタイム 挙筋機能が全くない状態の場合は筋肉の移植法しか方法はありません。大腿部の筋肉をまぶたに移植する治療です。

■費用の目安 40〜50万円(両側)

■クリニックの選び方 眼瞼下垂を含めた目の手術はセンスも大切ですが、まぶたの解剖学に精通した医師でないと大きなトラブルを生じます。医師の経歴を参考にし、研修が外科及び麻酔科などでは意味がありません、形成外科専門医を取得していることが最低の条件でもあります。また、結膜側から行うのは傷だけの問題であって身体には決していい治療ではありません。