« 簡単介護!! 「介護技術ののコツ」 Vol.1 | HOME | 簡単介護!! 「介護技術ののコツ」 VOL.3 »

簡単介護!! 「介護技術ののコツ」 VOL.2

____________________________________________________________________________________________

   第2号 簡単介護!! 「介護技術ののコツ」

        http://www.1kaigo.com/
____________________________________________________________________________________________

お疲れ様です。発行者のシュウといいます。

みなさん年末年始のご予定は?
僕はもちろん仕事です。(汗)

このメールマガジンは僕が介護の現場で得た
介護技術のコツを紹介していきます。


また、「こんな方法あるよ。」とか「こんな方法もあるよ。」とか
教えて頂いたらうれしいです。

共に成長していきましょう。

____________________________________________________________________________________

●失禁の良き理解者になる為に その1 
____________________________________________________________________________________

まず失禁について理解しましょう。

失禁はどんなときに起こるのか?


@感覚障害(たまった感覚がない)


尿や便が膀胱や直腸にたまって一定の圧力になると、脳に刺激がいって、

排尿、排便が反射が起こって排泄されるのですが、

脳に広範な障害があると、尿や便がたまったと感じことができずに、

失禁になります。

A蓄尿障害(ためておけない)

バケツに穴があいていて、いくら入れても漏れてしまう状態と考えると

理解できるでしょう。それには次のような原因があります。

・膀胱の弾力性がなくなって容量が少なくなる。

・しまりの悪い蛇口のようになる(←もちろんあそこがです(照))

・病気や手術の後遺症など。

B排泄障害

・脊髄神経が侵されていて無意識に排泄されてしまう。

・ホルモン異常や病気になり尿道が開きにくくなっているため、
 いっぱいたまったものがあふれ出す状態。
 (代表的なのが男性の前立腺肥大による失禁。)


C心理的・社会的、その他の要因

・過度な緊張など、精神的ストレスがあると失禁することがある。

・精神的抑うつ状態が強いと失禁することがある。

・歩行障害のためトイレまで間に合わない。

今回は失禁について理解していただけたでしょうか?

なぜ失禁するのか?

介護する側はその原因を理解して対応することが大切です。


次回は、実際にどう対応するのか?を紹介したいと思います。


_____________________________________________________________________________________________

 ★簡単介護!! 「介護技術のコツ」★

 【運営サイト】http://1kaigo.com
 【お問い合わせ】info@1kaigo.com

  発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000180001.html
_____________________________________________________________________________________________