« セラピスト | HOME | 訪問介護(ホームヘルプサービス) »

ソーシャルワーカー

ソーシャルワーカーとは、社会福祉学を基にケースワーク(個別援助技術)、グループワーク(集団援助技術)、コミュニティワーク(地域援助技術)あるいはケアマネジメント等のソーシャルワーク(社会福祉援助技術)を用いて社会的に支援を必要とする人とその環境に働きかける専門職。従来、主として社会福祉事業に携わる人の総称として使用されてきたが「社会福祉士及び介護福祉士法」の制定により、現在では社会福祉士を指し示す場合が多くなっている。また、精神保健福祉領域においては「精神保健福祉士法」の制定により精神医学ソーシャルワーカーの国家資格として精神保健福祉士が位置付けられたため、社会福祉士及び精神保健福祉士の総称とも言える。社会福祉士はCertified Social Workerと英訳されるが、社会福祉士=ソーシャルワーカーとは言えない。
ソーシャルワーカーはその職に携わっている現任者を指すか、あるいは施設や病院などの組織が肩書きを付与するのに対し、社会福祉士は社会福祉士国家資格を持つ者を指す。ソーシャルワーカーという肩書きは誰でも自称できるが、社会福祉士は実務経験ののち、あるいは養成機関を卒業したのち、試験に合格し登録した者のみが名乗ることができる。しかし、社会福祉士は社会的認知度がまだ低く、多くの合格者が若年世代である。