« ショートステイ(短期入所) | HOME | 初老期痴呆 »

褥瘡【じょくそう】

褥瘡【じょくそう】とは、身体の一部分が長時間にわたり圧迫を受け、皮膚組織の循環障害が起こり、発赤、腫脹、びらん、潰瘍の形成を経て、ついには壊死に陥る状態です。褥瘡は、健常人の皮膚には発生しません。褥瘡の発生には、大きく2つの要因があります。ひとつは局所的な要因で、加齢による皮膚機能の低下、寝たきりによる摩擦やずれなどがあります。もうひとつは全身的な要因で、脳神経系の疾患、栄養状態の悪化、運動能力や知覚の低下などがあります。