« 住宅改修費の支給 | HOME | 住宅改修費の対象 »

住宅改修費の支給限度基準額

住宅改修費の支給限度基準額とは、現在居住している同一住居について1回に限り、20万円までです。実際の改修費の9割分が申請により償還払いで支給(給付)されます。ただし、例外として、転居した場合と介護の程度が著しく高くなった場合は(要介護状態区分が3段階以上上がった場合、1回限りで)改めて20万円までの利用ができます。