« 高齢者総合相談センター(シルバー110番) | HOME | 在宅介護 »

骨粗しょう症

骨粗しょう症とは、骨がもろくなって、骨折を起こしやすくなる病気です。
粗しょう(粗鬆)とは隙間がたくさん空いているという意味で、スカスカになった骨をあらわしています。何の前兆もなく、突然骨折をおこしてわかることも多い病気で、高齢者の寝たきりの原因ともなっています。
骨粗しょう症で骨折しやすい場所は、手くび、腕のつけ根、太もものつけ根、背骨などです。 骨粗しょう症は女性がなりやすく、骨折により寝たきりになる可能性があります。