« 軽度生活援助サービス | HOME | ケースカンファレンス(事例検討会) »

軽費老人ホーム

軽費老人ホームとは、低額な料金で、家庭環境、住宅事情等の理由により居宅において 生活することが困難な老人に 、日常生活上必要な便宜を供与し、 老人が健康で明るい生活を送れるようにすることを目的としています 。

軽費老人ホームA型
軽費老人ホームの一種。低所得者(利用料の2倍程度以下の収入)で、身寄りがない人、または家庭の事情などにより家族との同居が困難な60歳以上(夫婦の場合はどちらかが60歳以上)の人が対象の、給食サービスのある食事付の施設です。その他に、健康管理、生活相談や助言などのサービスが受けられます。

軽費老人ホームB型
軽費老人ホームの一種。所得による利用制限はなく、家庭環境、住宅事情等の理由により居宅での生活が困難で、自炊できる程度の健康状態にある60歳以上(夫婦の場合はどちらかが60歳以上)の人が対象の施設です。(食事が自炊できることが条件です)。その他に、健康管理、生活相談や助言などのサービスが受けられます。