« アニマルセラピー | HOME | 移乗動作 »

アルツハイマー型認知症

このアルツハイマー型老年認知症という病気については、現在その原因がまだはっきりわかっていません。ただ明らかに年齢と共に増え、90歳以上になると半分を超える人が、この病気になるという外国の報告があるほどで、従って高齢社会の進行とともに、ますます増えてくることが避けられません。

 この病気の直接の原因ではないものの、最近アルツハイマーになりやすい性格や、ライフスタイルが明らかになりつつあります。具体的には頑固でわがままで人にとけ込めない性格の人、生き方の上では社会参加に消極的で、孤立、孤独になりやすいライフスタイルです。アルツハイマーが男性より明らかに女性に多いという事実や、連れ合いとの死別、転居、あるいは退職後に起こりやすいということは、要するに社会参加の乏しさ、孤独にその原因があるのです。