« アセスメント | HOME | アルツハイマー型認知症 »

アニマルセラピー

動物とのふれあい、交流による心理療法のことです。

動物とのふれあいは、患者やお年より等、対象者の精神面によい影響を与え、意欲の向上や痛みの緩和などにも効果があるとされています。

アニマルセラピーは通常、動物介在活動(Animal assisted activity =AAA)と動物介在療法(Animal assisted therapy=AAT)に分類されます。動物介在活動(AAA)とは、病院や各種の施設へ動物をつれていくという訪問活動や、老人ホームや青少年施設で実際に動物を飼うという、動物と触れ合うことが目的の活動のことを言います。

ボランティア活動としても行われることが多く、医療上の専門的知識を持っていなくても行うことができる活動です。

動物介在療法(AAT)とは、医療上の診断がつき、治療上のある部分で動物が介在(参加)することで治療効果がより期待できると認められた治療法で、医療側の専門職(医師、看護師、ソーシャルワーカー、作業療法士、心理療法士、言語療法士など)が、動物医療の専門家や動物を連れたボランティアの協力のもとに、動物を参加させた治療を計画し、治療においての目標を設定、記録をとり効果の測定をするという専門的知識が不可欠な治療法のことです。

日本で一般に言われているアニマルセラピーは、動物介在活動(AAA)のことですが、厳密にいうとアニマルセラピーとは、動物介在療法(Animal assisted therapy=AAT)のことを言います。

アニマルセラピー=動物介在活動(AAA)の導入については、訪問する(活動を行う)側のマナーや知識の向上、参加する動物の健康状態の管理やしつけ等の徹底が必要となっており、受け入れる側である施設も一定の基準を設けることが必要とされます。また個人によっては、動物に対して心理的あるいは身体的にアレルギー等を起こす人もあるため、訪問活動の受け入れ、動物の飼育ともに、施設での慎重な対応が必要となります。