« 介護休業制度 | HOME | 介護給付 »

介護休業給付制度

介護休業給付制度とは、対象家族の介護をするために介護休業を取得する一般被保険者(短時間労働被保険者を含む)に対して給付金を支給する制度です。この給付を行うことにより、労働者が介護休業を取得しやすくし、職業生活の円滑な継続を援助・促進することを目的としています。

介護休業給付金は、@負傷、疾病又は身体上もしくは精神上の障害により、2週間以上にわたり常時介護を必要とする状態にある家族を介護するための休業であること。
Aを満たす介護休業について、支給対象となる一人の家族につき、介護休業給付金の支給日数の合計が93日以内に限り支給されます。

介護休業給付金の支給額は、原則として、
 (休業開始時賃金日額)×(支給日数)×40%です。