« 訪問リハビリテーション | HOME | ボランティア »

ホームヘルパー(訪問介護員)

ホームヘルパー(訪問介護員)とは、心身や精神の障害により、日常生活を営む上で支障があり、自立した生活が困難な人や高齢者など、在宅での介護を必要とする人の居宅を訪問して、日常生活全般の援助や介護をする人のことです。ホームヘルパーの仕事は、食事、排泄、入浴の介助、着替えの手伝い、通院などの付き添い等の身体介護、調理、洗濯、掃除、買い物等の家事援助、生活や介護などに関する相談、助言、その他必要な日常生活上の世話などです。ホームヘルパーになるには、各都道府県や政令指定都市、民間企業などで各都道府県知事が指定した養成機関において、厚生労働省によって定められたホームヘルパー養成研修を受講する必要があります。研修には、1級から3級までの3課程と、継続養成研修の計4課程があり、ホームヘルパーとして働くためには、2級の研修が最低限必要な研修です。