« 脳血管障害 | HOME | 配食サービス »

脳血管性痴呆

脳血管性痴呆とは、脳の血管が詰まったり破れたりする脳血管障害によって起こる痴呆のことを言います。脳血管性痴呆は、高血圧症や高脂血症などの生活習慣病による脳の動脈硬化が主な原因でおこる脳梗塞や脳出血など、脳血管障害が原因で、脳が部分的に死んでしまったために起こります。中でも脳梗塞の多発によるものが大部分を占め、その他にも、肉親や配偶者との死別、事業の失敗など、強いストレスがきっかけで起こることもあります。脳血管性痴呆の症状の多くは、頭痛、めまい、しびれなどで、脳の障害された部位によっては手足のまひ、舌のもつれなどや、記憶の障害(もの忘れ)、言語障害、知的能力の低下、不眠、うつ状態、意欲の低下や興奮状態が見られることがあります。本人の自覚があり、障害された部位によって、ある能力は低下しているが別の能力は比較的大丈夫という様に、非常に低下している部分と、正常な部分が混じり合ってまだら状に低下する、「まだら痴呆」が特徴で、記憶障害がひどくても人格や判断力は保たれていることが多い痴呆です。この症状は、急激に表われ、脳卒中(脳梗塞、脳出血)の発作がおこるたびに悪化することが多いようですが、脳血管痴呆は、もともとの病気(高血圧や糖尿病)との関連もあり、原因もはっきりしているので、初期に発見すれば予防回復が期待できます。