« 寝たきり | HOME | 脳血管性痴呆 »

脳血管障害

脳血管障害とは、血管病変が原因で引き起こされる脳神経系の障害を総称する言葉で、一般的には脳卒中といわれています。血管が破れたり、詰まったりすることで脳の細胞に栄養や酸素が供給されなくなり、脳の機能に障害が起こる病気です。突然発作が起こり、障害が起こった場所によって半身マヒや言語障害、意識障害などの症状が現れます。

主な脳血管障害・クモ膜下出血(脳動脈瘤破裂、脳動静脈奇形など)
・脳内出血(高血圧性脳内出血、脳室内出血、など)
・脳血栓(動脈硬化性)
・脳塞栓(心原性、頚部頚動脈病変など)
・もやもや病
・血管奇形(海綿状血管腫、静脈性血管腫など)
・特発性頚動脈海綿静脈洞瘻
・その他(硬膜動静脈奇形など)