« 要支援状態 | HOME | 予防給付 »

横出しサービス

横出しサービスとは、要介護者や要支援者に対して市町村ならびに特別区(東京23区)が独自に条例で定め、介護保険の保険給付対象サービスとして加えた保険給付のことで、市町村特別給付のことです。介護保険法が定める介護給付と予防給付のサービス以外の、介護保険法に決められていない種目のサービスを行うため、横だしサービスといわれています。利用できるのは、居宅でのサービスを受ける人のみで施設入所者は利用できません。代表的なものとして、配食サービス、送迎サービス、理髪サービス、洗濯サービス、外出介助サービス、寝具乾燥サービスのほか、家族のための介護教室などがありますが、横だしサービスは、市町村ならびに特別区(東京23区)の独自の判断で行うサービスですので、サービスの種類によっては、実施しているところとしていないところがあります。どんなサービスが横だしサービスとして介護保険を適用して利用できるのかは、必ず市町村ならびに特別区(東京23区)の窓口や、在宅介護支援センター、ケアマネージャーなどに問い合わせてください。